FC2ブログ

2/28 Narromine Training Day11

今日は最終日&移動日

1300離陸、1530着陸予定。条件は過去最高のバリバリ。着陸時間は決まっているので遠出ではなく、
高度をあげてすり鉢内での飛行。
Cuの発達とともにぐりぐり高度があがり、10000feet超。
酸素は積んでないので手が青白くなってないか、思考は止まってないかセルフマネジメントをしながら11000feet
ようやく雲底にたどり着いたのでグライド。Trangieまでいって帰って、ローカルでNarromineの本気ウェザーを楽しみながら、景色を焼きつけながらdescent。

1528着陸、機体清掃、片づけ
1630送迎の車でDabboへ。

そしてシドニー空港で早朝便で日本に帰国予定。



1フライト 2+28

2月府大同志社南山合宿 Day6-7&総括

竹田です。

一日訓練できる最後の日だった25日(Day6)は北西風が強い1日でした。
同志社の機体3機がTab Check だったので、朝から4機(557、256、354、06DW)組みました。
朝の集合までにや索点をやったり、557が定点だったりとなかなか上手く準備ができず、
1発目が10時近くになってしまいました。
風もどんどん強くなり、西にふりはじめたので少し早めの撤収でした。


Day7は半日の訓練でしたが、撤収計画を練るのに苦労した1日でした。。。
この合宿がCloseだったので、全部のハウトレを持って帰る段取りを決めたり…
最終発行は12時、飯を食べてからの撤収作業でR/W撤収は2時ごろ。
そこから係と宿舎の撤収が始まり、
結局宿舎を出発したのは20時頃になってしまいました。。

1週間通して、事故なく安全に訓練ができ本当に良かったと思ってます。
僕はお金の都合上、6日目・7日目はフライトせず。
合宿の前半で満足できたので、後半は運営に勤しんでました。


今回の合宿の自分の成果は、
初21ソロ、初23(JA2447)です!
ソロ11発(うち府大23は8発!)も乗れて楽しかった!
課目の方は、ターニングストールとフォアードスリップを主に練習しました。

今後の課題は
学科と課目の勉強です。
ピストカーにこもりっぱだったので教官といろいろお話する機会が多かったのですが、
全然自分の知識が足らないことを痛感しました。
今年の夏に自家用ライセンスの受験を考えているのでもっと勉強していきます!


この合宿で、同志社の4回生は最後の合宿でした。
最後ということで6日目の夜に教官方と一緒に鍋をしていたみいでした。
撤収日には教官たちと握手や記念写真をとったりと、すごく名残惜しそうにしてはりました。

府大は来月3月の府大・大工・神大・外大・電通合宿(名前が長い…)が今年度の最後の合宿となりますが、
2年後には自分も卒業していくんだなぁと、なんかしんみりしました。
僕は今合宿でサブピストをして、3月合宿ではピストをしますが、
思い出に残るいい合宿を目指して準備をしていきたいと思っています。

2/27 Narromine Training Day10

谷口です

今日はOD気味で昨日ほどサーマルはよくなく、サーマルの弱い雲と強い雲がわかれていました。
1430離陸、TOP9500feetのNevertireアウトリターンで帰ってきました。




明日最終日なので
昨日、今日、明日分の文章追加します。


1フライト
4+01

2/26 Narromine Training Day9

谷口です。
時間も遅いので後ほど詳しく更新します。


タスク
Peak Hill - Narromine - Nevertire
コンプリート

OLC 284.29km

2/25 Narromine Training Day8

書き忘れてました。今までNarromineの記事は全部、谷口です。

高気圧におおわれてCiがでる予報。予測では南はだめで西にいこう。TOP8000feet
ほぼ無風。

サーマルが細く強い状態で、インターサーマルも広い。みんなでTrangie方面に進出すると更に西はCuコンディション、over10000feet.しかし、そこから先になかなか進めない中、UPと7Lが高度をあげてその先のCuにとりつきしあわせそう。

一方自分はCuに届かず西進を断念、引き返すもドンドン高度を落とされ、Trangieの飛行場を意識しまくり。
なんとか持ち直しNarromineに帰還。しかし上空には厚い雲があり着陸。
UPはNynganでアウト&リターン。ハイバンドキープが明暗を分けました。

サーマルの性質のせいか、遠距離に進出したせいか、ずっと気の抜けないフライトだったので今日は時間が短く感じました。

今日はGPSを積んで飛ぶ練習をしたのですが、OLCの計算によると5ポイントの計測で169.30km飛んだそうです。



1フライト 5+00

2/24 Narromine Training Day8

今日は大陸の南に高気圧が張り出し、穏やかな風、
100kmほど南に小さな高気圧が西進するので午前東、午後南風の予測。
ブルーコンディション。

風がない、雲がない、頼りは地上の様子と太陽という状況でコアも変形しているという私にとってなかなかシビアなコンディションでのフライトでした。

UPとMRとガグルの練習をし、グッドエアーを使ったXCの練習をしたあと、
3機で15km先のアウト&リターンでのレースをやりました。
UPをフォローして飛んでいたのですが、一回も旋転せずに15km進み、旋回して帰って行くのを見てすごく勉強になりました。
やはりキモはコアをとらえることです。


その後、おなじみのアーベントを使った滞空をして着陸。
17時を境にサーマルがなだらかになり、なかなかサーマルを感じることが難しくなりました。


今日は日中、ファーマーが仕事に励んでいて、ダストデビルがいい目印になってくれました。



トレーラーたち
朝の準備後、草刈りをしてもらったのでハウトレを元の位置に戻しました。
Shinzoさんのスーパーテクで一発でジョイント、バック、オフで30分で7本移動しました。




にくにくにく
ディナーは欧米らしく肉!ジャガイモ!


誕生日
今日はShinzoさんの65回目の誕生日でした。



1フライト 5+30

2月府大同志社南山合宿Day5

3回の岩井です。

今朝は昨夜から降り始めた雨がまだ降っていたので
RWには行かず、宿舎待機の1日でした。

その間に151→447の定点を宿舎で行いました。
機体係りの方、手伝った方、本当にお疲れ様です。



私はというと朝から宿舎の掃除をして、
その後は全国大会に向けて、447右翼下面のペイントを作っていました。

村松と同志社の愉快な仲間たちと、わいわいやりながら拡大コピーに悩まされながら
なんとかカッティングシートに下書きが出来ました。

むら「あとは俺に任せとけ!」
と言われたので、ログの清書をしたりして過ごしました。
(しかしこの後ESの締め切りを思い出し勉強部屋にこもることになる・・・)


むらむら(村松)はミシンと格闘していました。
全国大会のためのバラストをつくってくれていて、宿舎にある古いミシンの調整から縫うまでの過程、とても頑張ってくれていた模様。
仕事が丁寧な彼なので(丁寧すぎて掃除に関しては姑級)、途中段階でもかなりのクオリティを感じました。
ありがとう!!

今回私のフライトは合計5発でした。
訓練が出来た昨日は、条件が出たときちょうど宿舎に帰っていたので、ソアリングの練習は出来ませんでした(;;)しくしく。

しかし風がやや強かったので、風に対する離着陸の練習は出来ました。
12月以来のフライトだったので不安でしたが、やらかしなく事故なくフライトで来たのでよかったです。


あと思ったことは、竹ちゃんがサブピ業頑張っていて感心しました!
指導したり面倒を見たりがほとんど出来なかったけど、しっかりやれていたので偉かったです。
あと宮地さんによる牽引の養成も行っていたようで。。。
さすが次期主将!!頼もしいですなぁ(^^)

私は2日だけの参加であまり力になれませんでしたが、残りの合宿も頑張ってください!

2月府大同志社南山合宿 Day4

こんばんは. 3回の村松です.

集合日・初日と参加し,2日休んでまた今日から参加です.
今日は中日ですね.
今合宿は機材係ではないのですが,中日チェックのお手伝いをしました.
しかし,人数が少ないということもあり,あまり進まず….

R/Wワークも人数がいないと大変ですね.後輩への指導もなかなかできません.
しかし,このような状況がなかなか解決できる時代ではないみたいです….
ということで,なんとかこのような状況でもしっかりと運営できなければならないのですね.

最近はもうすぐ4回生ということもあり,運営についていろいろ考えたりします.
合宿も部も. 少人数で一定のレベルを保って運営するというのは難しいなと思います.

しかし,その辺は結局,一人ひとりの気配りだったりするのじゃないのかなと
ミーティングでの教官のお話を聞き,思ったりしています.

そんなことの大事さを最近感じます.

1回生の頃は何もそんなこと考えていなかったのに,上回生になったらそういうことも考えなくてはならない.
それが出来ていない自分への反省と,下回生が上回生になる頃にはそれができてなければならない.
どうしたら,そんなことができるのか頭を悩ませたりしている今日このごろです.


話を戻しまして,今日のことについて.
今日もお昼前にピス交をしました.
風はだんだんと強くなっていきましたが,次第に弱くなり,夕方には何故か条件もでました.
30分程の滞空もでましたが,府大生はチャンスを逃してしまいました.
明日はあまり天気がよくないそうです.
自分は選手ではないですが,最終日までに全国の練習ができるような条件が出てくれたらなと願っています.

自分のことについて.
昨日知ったのですが,2回生の竹田に総発数抜かされてました!
447の搭乗回数も!
知らぬ間に息子に背を抜かされていた感じですかね.

ただソロ発数はまだ勝っているので,若いものにはまだまだ負けない,という感じですね.

今日久しぶりの南向きソロに出ました.
正対も強かったのでチェックを高く来たのですが,若干ショートしてしまいました.
まだ,着地地点の予測が甘いみたいです.
風を感じれてないのでしょうね~…. ははは.

自由に,自分の思うように操縦できたら,飛べたらと思います.
昔から思っていることですが,なかなかできませんね.
自分に挑戦する気持ちを忘れず,明日も頑張っていきたいです.

それでは,おやすみなさい.

2/23 Narromine Training Day7

今日は昨日に比べて風は穏やか、TOPも高い、サーマルの収束は17時という予測

1300離陸、高度獲得後、昨日のタスクを回る練習。昨日よりTOPが低かったので苦しかったが、2周。
TOPがあがったのでもう一回り大きい、南20kmのタスクに変更するも、旋回点手前で高度を獲得できず行ったり来たり。
そのうちに時間が遅くなり、サーマルが弱くなってきたのでNarromine近辺でふわふわ。アーベントで時間を稼ぎ着陸。

鳥の群れ
ソアリング中、近くに鳥の群れがいたので下に入ったけどさっきのより弱かった。


傾かない
旋回中も水は機体と平行です。

減圧
6000feet→800feetの結果こうなる。


ちなみにここでは朝に準備、昼に離陸、夕方着陸という流れになっていて、全機離陸したら曳航機はしまうので
全機離陸後、着陸すると格納庫行きとなります。



1フライト
5+38

2/22 Narromine Training Day6


東風20ktover、Cu発生14~16時という予報だったので朝はのんびり、午後に風が少し弱くなり、1330離陸。

離脱後、強風かつブルーコンディションに苦しみながらももにょもにょTOPまであがり、東10kmほどいくと南にCu発見。大喜びで下に入るもプラスはあることにはあるが弱い。TOPがあがるのをCuの下で待ちつつ、南に行き、30km進出、その後、Narromine南10km、西15kmのショートタスクを下限高度を決めて飛ぶ練習をしました。

1周した所でCuが消え、ローカルで滞空、アーベントで木曽川みたいな弱いぼんやりしたサーマルでセンタリングする練習もできました。

Plan Positive, Decision Conservative.



うんてー


NarromineR/W
Narromine飛行場。04-22,11-29,18-36,1500m,1200m
http://en.wikipedia.org/wiki/Narromine_Airport



みるきーうぇー
田舎町なので夜はミルキーウェイがはっきりくっきり。肉眼ではもっとよく見えます。



1フライト
5+01

2月府大同志社南山合宿 Day3

  竹田です!

予報では昼ごろから背風が入るとでていて、その通りに12時前から背風気味になりました。
昼休憩をはさんでピス交をし、久しぶりの南向き発航をしました。
南向きでは珍しく、5m近くの正対風がずっと吹き、
午前のようなアプローチをしてショートになる人が多かったです。
僕もそのうちの一人でした…
指定地着陸の難しさ、大切さを感じました。

今日はアプローチ時のフォアードスリップの練習をしましたが、うまくいきません。。。
南向き発航で正対の強いときだったので、ベースを近めに取ると、焦ってフォアードがしっかりできず、
グダグダな着陸になってしまいました。。
上空ではきっちり決めれるのですが…
CABの科目を考えた練習を今日からしていきます。
西井さん、岩井さん、いろいろ教えてくださいm(_ _)m


また、初逆侵入をしました。しかも府大23で。
出発時には背風1mぐらいだったのが、僕が発航してから少し経つと、
地上で背風3mになってしまい、地上教官から「逆侵入」と無線が入りました。
無事に戻ってこれてよかったです。が、恥ずかしいミスをしてしまいました。
ハーフぐらいに接地したのち、ピストのほうまで地滑するように言われたので、
接地後エレベータフルアップのままでダイブを閉じてしまい、再び浮いてしましました…
焦りましたが、ドン着しないよう(府大の機体なので特に…)再着地はできました。
逆侵入はもう落ち着いてできます。

今後、ソロで飛ぶときにはこういうことは何度かあると思っています。
今日はその意識が弱くて、余計に緊張しすぎてしまいました。
でも、安全に戻ってくることができたので、凄く自信がつきました。


明日は少し背風が入る 昨日のような予報ですが、
風を考えてして位置に着陸できるよう腕を磨いていきます。

2月府大同志社南山合宿 Day2

1回の山上です。

今日やっとひとりだちをしましたσ(^_^;)
なんとか3月の全国大会に間に合いました。
あやうく応援のみのクルーになりかけてましたんで…。

クルーとして多少役に立てると幸いです。


今日は晴天で昼過ぎからサーマルがでてました。
大会を控えている方はなかなか降りて来ない時間帯がありました。
西井さんも奮闘してたようです(^_^)

僕はまだ20分以上飛び続けたことがないのですが、
今日も皆が飛んでいるのにすぐ降りて来ました。
残念です。というか悔しいです。

少し前は他の人が上昇してる姿や着陸する機体を
注視して観ようとしなかったのですが、
一通り流れがわかると他の人が飛んでる姿を
いろいろ考えながら観ることができるようになったり…

今日はそのような感じです^^

明日は府大生が僕と竹田さんしかいません。
やっぱり寂しいですね。


2/21 Narromine Training Day5

今日は南風強し。ブルー、TOP4000feetという予報
ショートタスクを設定して1130よりフライトを行うも、強風に阻まれ思うように前に進めず。
TOP3500feetに立派な逆転層があり、ローバンドで飛ぶ練習だと思って少しずつ前に進むようにしました。
全国大会もこんな感じの天気らしいので練習になりました。
dicision makingが一番の収穫でした。



こっちで初ソロに出るとき、いっておいでではなく「You're aircraft」というそうです。
なるほど。と思いました。

1回 1+22

2月合宿 1日目

今日は久しぶりの合宿で疲れきってしまった、山上です。


有意義に無駄がないよう合宿を送ろうと
前日村松さんにさんざん基本的なことから
確認の相手をしてもらい今日臨んだのですが

1発目はバンクは付きすぎるわ、機首は下がるわで大変でしたm(_ _)m
それ以降は、無事に、エルロン、ラダーの加減をなんとなくつかめ
場周経路の取り方を再度確認し、
上昇、着陸な一部をさせてもらい、大まかな感じがわかり

総じて進歩できた初日だったと思います。

あと、
4発目は沈下の少ない場所で15分くらい飛べたのですが
空を飛ぶことは楽しいなと再認識しました(^_^;)
うまく飛ばすことばかり考えていまいち味わえてないなんて
本末転倒ですね。

ひのいで教官遠いところをありがとうごさいました。

2月府大同志社南山合宿 Day1

どうも,竹田です.

今日は総発数は62発で,初日にしてはよくまわったほうだと思いました.
上空は静穏で,ところどころポコポコしている感じだったので,10分ちょっとの滞空は少しありました.


そして…
本日,初21ソロと初23に出ました!!!
13と21,複座と単座の違いをはっきりと感じることが出来た1日でした.
13は空気に押し入る
21・23は空気を切り裂いていく
そして,23はとにかく軽い!
1日で3種の機体に乗れたのは初めてで,とてもいい経験になりました.

技術面での大きな収穫は,
第三から侵入→着陸にかけての地平線の見え方です.
きれいなアプローチは地平線がほとんど動かない,地平線を見て飛ぶことの大切さを教わりました.
今までは,第4を回ったぐらいから,ふはんと速度計をみて調整していましたが,それだと毎回同じアプローチができませんでした.
いつもどおり地平線を見て,速度を合わせ,ダイブで沈下率を調整する.
こうすることでまわりの景色が見やすくなり,フレアのタイミングも綺麗になりました.
最後に飛んだ初23の着陸は上のことがきっちり出来,自分でも納得が行くフローティング→着陸になりました!
樋出教官,今日1日一緒に飛んで下さり,ありがとうございました!

これからどんどんソロ発数を貯めて,勉強し,ライセンスに向けて頑張っていきます.

2/20 Narromine Training Day4

今日の予想
昼間までサンダーストーム
16時に積雲がでる
雲底はそんなに高くならない
地上38度蒸す。


という予報だったので午前はゆっくりしていたら、なんかよさげな空になってきたので飛びました。

南風が結構あったので2800ftで離脱後、風下に流されないようにジリ貧な感じでしたが、風上に行くといいCuが発達中、そこで高度をあげているとストリートがはっきりくっきりできてきました。
ストリートに沿って強いサーマルを探して南へ。MAX6000feet。シアーウェーブ的な雲だったので憧れのオントップに挑戦するも、時すで遅し、雲の形が崩れてしまいました。
最終的に低層の雲は消えてしまい、ゆるふわアーベントで粘り、(木曽川のサーマルみたいでした)着陸。


フライト中、どんどん空気が変わってとても楽しいフライトでした。
そしてNarromine初単座、Discus。わかってはいたつもりでしたが、高速性能に驚愕を隠せません。
全国ではこいつより早く飛ばないといけない。

敵を知り、己を知るということですね。よくわかんないけど。

そうそう、ライン機と交信もしました。「enjoy!」


1フライト 
4+00

2月府大同志社南山合宿 集合日

今合宿でサブピをすることになった 2回竹田です

今日は1時頃に木曽川入りして,引継ぎ作業をしていました.
天気は非常によく,最高14度という温か一日でした.

明日は今日と同じく最高温度14度ですが,朝が1度近く冷え込むようです…
風は北西2~4でほぼ一定,850hpaの気温が0度.
なので,条件が出るかもという予想でした.


本格的にサブピをやるのは初めてで,しょっぱなからてんやわんやしてます.

合宿の準備に追われて,Flightの勉強は出来ていないのが不安ですが,
明日,空き時間をつくって勉強して,この1週間を意義あるものにしていきたいです.

2/19 Narromine Training Day3

朝のウェザーブリーフィング
大陸の北西に熱帯低気圧が二つでかいのがあるという予報。
Narromineに南からトラフが近づいていて風も20kt~Ciもでるよーということで午後からの積雲発生に期待。

今日からは自分のDiscus(ZZ)で飛ぶことになります。ということでシートフィッティング、プリフイトチェック。
数カ所不安点があったのでShinzoさんに確認するとパパッと修理されてその手際にびっくり。ガリガリされてました。

もう一機、現地で一緒になった大工大じゃないI口さんが使っているDiscus(7L)
の右翼スキッドがポロりんちょしていたのでこれも修理。
せいびちゅう

なんとZZの一部の製造(not修理)もされたそうで。全てのスケールが違います。
修理後、風は弱くなりましたが、Showerが視認でき、積雲もなく、今日はノーフライト。ラリア初単座はお預けになりました。


3日目空
今日はこんな空でした。


帰宅後、食事をしながらShinzoさんと4人で会話。ほとんど聞くだけの状態でしたが興味深い話ばかり

であっというまに3時間もたっていました。というか時間があるときはグライダーに関わらず、
ずっとお話を聞かせていただけるので暇な時間がないぐらいです。

なぜかオーストラリアに来たのに妻沼事情に詳しくなりました。

2/18 Narromine Training Day2

Discusが明日まであいてないということで今日もUPでShinzoさんとフライト。
オーストラリアの環境にも慣れて昨日よりも吸収率の高い、充実したフライトでした。
ローカルフライトとクロスカントリーフライトの飛び方の違いを実感しました。

雲底高度6000feet、雲底まであげて次の雲、雲底まであげて次の雲、ストリートを探してドルフィン
あれ、もうTrangie?というような具合でした。mungeribar南から20kmを直線で失高100feet。スト
リートのラインを使わない時は30kmを1500feet。
おかしいと思っても本当です。



事前情報の通り、やはり今シーズンは天候が悪く、雨が降ったり、いつもと違う難しい天気みたいです


南半球は今、夏なので当然暑いのは暑い(連日over30度)んですが、前述の影響で湿度が高い!ので蒸
し暑いし、雲は多くなるしというフライト的にも身体的にも精神的にも残念な天気です。

特に小麦が雨で全滅。その影響で小麦が刈り取られず、アウトランディングに適した場所が全然ないそうで、
もしアウトランディングする場合は必ず飛行場に降りるようにとのことでした。


フライト後、持ち回りの食事当番の日なのでスーパーで買い物。日本と品物が違いすぎてこれがりんご?きゅうり? ???
状態でしたがそれらしきものを作りました。ラム肉の骨付き肉とサラダととうもろこし。写真はないですけど。
日本より物価が高いので結構かかるという驚愕の事実。食べ物は安いと思ってたのにー
あ、でもめちゃくちゃ肉が柔らかくて美味しかったです。

ラム肉

2/17 Narromine Training Day1

昼にShowerRainがきそうということで午前にシニアグループ、午後Shower通過後、学生グループが飛ぶ

ということに。
午前中は雲底4000feetでAirfield付近でふわふわ。

もくもくらりあ

地上ではむしむし暑い。SoarNarromineの曳航機ポニーと生還能力ばっちり、シーラス。【R12462】午後は心配していたShowerもNarromineにはこず、遠くに見える程度、雲底も6500feetまで徐々にあがり、UPでShinzoさんから地形慣熟、サーマルのセンタリング、クロスカントリーの方法を教えていただきました。

ふろむUP1

ふろむUP2
お客さんモードでパシャパシャ


大野で重たく感じたDuoDiscusが軽々あがるわ、ShinzoさんがI haveしたらあっというまにコアだわ、チームフライトするわ、ガグルやるわ、Joinupして写真撮影するわ、普段との違いに驚きの連
続で、明日からが楽しみです。



食事会
GuestHouseに戻ってみんなで自炊。今日はShinzoさんによるフィレステーキ。

ナロマインにいきますの日

インターネットの環境がチープ&日没が遅い影響で?数日分まとめて投稿します。

関空2050発のJet★に搭乗、ゴールドコースト、シドニーを経由して1710、定刻通りダボー(Dabbo)に到着。
事前情報では新燃岳噴火の影響で便が常態的に遅れるという噂だったので
乗り換えで遅れないかひやひやしてたのですが、大丈夫でした。

カラフルドリンクs
外国にきたんだなぁー

jetstar_A320
ゴールドコースト-シドニー便

Cuオントップ(笑)
オントップ



いいの?
前はボーディングブリッジ、後ろの席はタラップで降りる。

QANTASLink Dash8
Dabboについた!田舎!ちなみにこのレグはずっとin cloud

Anneに迎えにきていただき、Narromineには18時頃に到着。ちょうど機体をハンガーに片付けている所でした。
どうも朝は滝のような雨だったけど昼から晴れたので飛んだとのこと。

その後、みんなで中華料理を食べにいきました。Chineseってどこでも食べられるよね。

Guesthouseでは先に来ていたH大の学生が明日までフライトということでGuestHouseの使い方を大急ぎで伝えられました。
日没2000まで飛ぶこともあるので夜は結構あわただしいみたいです。

明日、DuoDiscus(UP)でShinzoさんとフライト予定です。





P.S
検疫厳しいって話を聞いてたので食べ物を何ももっていかなかったけど、結構イケたみたいです。
(日本人限定らしいけど)

にゃあ

にゃー
QRコード
QRコード
カウンター
リンク
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ