FC2ブログ

第31回東海関西グライダー競技会 Day4

たにぐちです
Day4は事前の予報とは異なり、上空の露点の上昇に伴う高層雲がかかり、
終始雲がとれない状況が続き、滞空点争いとなりました。

チーム三発目の直前、一瞬日射が入ってきてこれをきっかけとしたサーマルが750mまでブレイク、名大Aチームがうまく捕らえているところに
入り、700mまでゲイン。その後力強さがなくなったのと流される割合からサーマルアウト、次のサーマルを探すも
もはや+0を指す程度のサーマルしかなく、次のフライトのためにさっさと降りることにしました。
結局あと2回飛びましたが、滞空点はとれるだろうけども周回は望めないような条件が続き競技終了。
チームメイトは最終フライトが20分近い滞空で9点獲得。私は初回のフライトの6点獲得でした。


昨日のワンポイントが効いて個人一位を独走中ですが、たかが500点ですのですぐにひっくり返される点数です。
気を抜かず最後まで全力で周回を目指していきます。

今日は単座含めて6機飛んでいたので忙しくて写真はありません。あしからず

第31回東海関西グライダー競技会 Day3

たにぐちです。
Day2の西高東低の気圧配置に伴う西風によるノーフライトの次の日、
競技Day3にしてようやく競技成立しました。

昨日に引き続き、西高東低の気圧配置でしたが、気圧傾度がゆるんでなんとかフライト可能な横風が吹く天気ということで
土手の乱流等を考慮し、安全のため複座2機のみを使用した競技といういささか東海関西競技会らしくない競技となりました。

ラインナップ機体
画面右側に虚しくショルダーされる単座4機がいます

競技開始当初は太陽サイドに高層雲がかぶり日射が弱くあまり期待できない条件でした。
途中横風待機を挟みながら発航を続け、一回目の京大・府大チームは私、谷口が先行し出発するも、飛行時間10分弱と滞空点をとれない程度のフライトでした。




一時間後、高層雲は晴れて日射が強くなり、地表のサーマルがブレイクする予兆を感じる中再びフライト。

きょうのそら
終始こんな空。

二回目の発航で離脱後すぐのリダポンサーマルで風に流され100mほどゲインし700m、先行の立命・龍大チームが高度は低く500m程度、しかし、ほとんど失高せずに第一旋回点に向かう様子から風に流される早さと上昇率からサーマルを選びながらスタートすることにし、ドルフィンを続け、途中サーマルを探りましたが高度は10mゲインした程度で無駄でした。結局ほとんど一直線に高度600mで文化センターに到達しました。


旋回点撮影が成功したか否かの不安と、大気の状態からもう一度写真取り直しました。
次は宿舎に向かうか、ワンポイントゴールで距離点を獲得するかという選択に迫られましたが、道中まともなサーマルがなかったこと、経験上、第二レグはサーマルが望み薄ということからワンポイントゴールすることにし、確実に点数をとりました



GPS大公開!
トラックログ、17分のフライト。

以後、滞空する機体はあれど、旋回点に到達する機体はなく、昼過ぎから横風が強くなり待機を続け、競技終了時刻になりました。

途中経過です。

1位 京大府大 谷口 500.0
2位 同志社B  村瀬  9.0
3位 名古屋B  堀   7.0


実質競技初日のDay3でしたがこの得点差を維持したまま逃げ切りを狙っていきます。

以下スナップショット

21ND

あっ!
バルーニングしてパイロットがあっという表情を浮かべています

にかっ!
二人とも笑ってる

わたしだ
風が気になったので・・・

せんげんばん!
時計、ゼッケン、宣言板、笑顔!

おはなし
風待機で教官の学科?中


審判集合


かないこうくん
名古屋大学のこうくん


しょーへーパイロット
チームメイトの京大のしょーへーくん

しのはらだいちゃん
同志社のだいちゃん

うえだ
龍大のう゛えだ

うえだ2
です

いぬのかぞく4ひき
犬が、いました。

第31回東海関西グライダー競技会 Day1

たにぐちです

今日は朝から雨が降っていたので開会式を宿舎で行い大阪府立大学として優勝旗、OB杯の返還を行い、レプリカを受け取りました。

ゆーしょーレプリカ

残り半日は寝て、安八温泉にいって、むねちゃんラーメンを食べて過ごしました。おしまい。

第31回東海関西グライダー競技会 Practice Day

谷口です
第三十一回東海関西競技会に参加しています。
今年は京大の3年中西君とチームを編成し、7つの全国出場枠に入ることを目指します。


・・・出場チーム数が7チームなので全チーム全国大会進出が内定していますが。


ということで、今日は練習日だったので各チーム、単座機に乗るためのチェックフライトが行われました。
いつものように共有機体として府大23を大会の使用機材とすることができたので大会を慣れた機体で飛ぶことができそうです。

なお、今日の公式練習日は時折雨がぱらつくような、特にコメントすることもない静穏な一日だったので以下写真集。大会の雰囲気をお楽しみください。


どうししやーAチーム


名大A

酒井太郎

うえだ

うえださむあっぷ

宣言板

しょーへー

2557上昇


※大会期間中、不定期更新
QRコード
QRコード
カウンター
リンク
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ