FC2ブログ

府大南山同志社合宿@木曽川 6日目

一回生の熊本です。

最終日の今日は、雪がちらつく相変わらず寒く、午後にかけてだんだんと風が強まり、
西風になっていく一日でした。訓練は昼過ぎまでが限界でした。

その日は課目が場周に上がってから初めてのフライトを迎え、
初めて江口教官に乗ってもらいました。

不思議と緊張はしませんでした。ただ、今まで自分が積み重ねてきたものが
江口教官の目から見て、どんな評価が下されるのかが純粋に知りたかったのです。
話には聞いていたよりも上空では恐くありませんでした。しっかりとチェックすること、
操作の具合、判断基準を瞬時にわかりやすく伝えてくださる江口教官の声がとても
自分の心を打ったのは、今でも忘れられません。

しかし、離脱後のトリムセットの時に、「トリムをセットしたか?」
と初めて怒鳴られて、すごく驚いて、焦って、操作を充分にできず、
なかなか合わすことができず・・・、合わせるのと場周経路を考えるだけで精一杯で
帰ってきてしまいました。

とても悔しかったです。怒鳴られただけで、些細でも命に関わる恐れのある操作ミスを
してしまった自分に・・・。自分の中にある甘えが本当に腹立たしく、
悔し涙が出ました。江口教官はカルチャーショックを受けたのだと思い、
「もう一緒に乗らないでおくか?」と聞いてこられたのですが、
「乗ってください!!」と言って、合計3発、乗っていただきました。

天候に恵まれなかったことで江口教官と話せる時間が多かったことが
フライトに大きく影響したと今では思います。
合宿解散前後で、江口教官が話してきてくださり、
「頑張りなさい。」と言って頂いたのが本当に忘れられません。

たくさんの上回生の方々や同回生が合宿を通して話しかけてくだっさたり、
話しかけてくれたり、話を一生懸命聞いてくださったり聞いてくれたり・・・。
仲間とのつながりがこんなにも嬉しくて刺激的で守りたいものになっていたのだと
気づいた合宿でした。

府大同志社南山合宿5日目

一回生の熊本です。

今日は午前は曇り空のもと、R/Wの状態が悪く
リトウェイをどかちんで整備したり、機体は13の151と21
の471を一機ずつ組んでいて、21はメインギアの空気が
少なくなってしまっていたので作業したりと
とても寒く、風が強くなっていく中作業しました。

一回生は151を使って滑空姿勢と着陸姿勢のイメトレを土田教官に
教えて貰い、楽しくしていました。

R/Wの状態がよくならず、風も強くなってきてしまい、
撤収しました。

午後は水晶の湯と焼津温泉に希望者は分かれて
行き、私は水晶の湯で滅多に見れない晴れの高台からの
綺麗な景色を見ながら露天風呂に入りました。
疲れと筋肉痛が一気に吹き飛びました。

夜はめでたい会がありました。
めでたい人は、独り立ちした一回の府大の七里、
同志社の吉田と井上、課目が旋回から場周に上がった私と
13の256の耐空検査を無事に通した桑鶴さん。

そして、今合宿で卒業の4回生の府大の竹田さん、同志社の村瀬さん、
KGの増井さんの3人への感謝の気持ちがこもった温かい会に
なりました。

明日の訓練も気を抜かずに頑張って行こうと思います。

府大同志社南山合宿@木曽川 ~4日目~

こんにちは一回生の七里です。

昨日は低気圧通過に伴う雨で一日宿舎待機でした。

そのため学科の一日でした。

まず一回目の学科は同志社の土田教官による気象についてでした。どうして冬は上昇気流が出来やすいのか

などについて聞き、自分も気象を読んで飛んでみたいと思うようになりました。

二回目の学科は同志社の玉井教官による場周と声出しについてでした。明日のフライトから積極的に自分から声を出

していこうと思いました。

その後は同志社の川又教官による航空工学、立命館の江口教官による操縦の基本について学びました。本当に自

分の身になる学科をしていただいたことに感謝します。

その後関西大一回の中村君によるウェザブリを見て寝ました。

明日からここで学んだことを生かしてフライトしたいとおもいます!

府大同志社南山合宿@木曽川 ~3日目~

七里です。

・ 今日は快晴
・ 昨日と打って変わって暖かい気温
・ 初めて見たMZの飛翔姿
・ それを操縦するかっこいい竹田さん
・ そしてなんといっても独り立ち
  これでランウェイを一人で縦横無尽に駆け巡ることができます。
  次はソロという目標に向かって日々精進したいと思います!

府大同志社南山合宿@木曽川 ~2日目~

こんばんは、一回の井土です!

朝6:00起床、朝食後すぐに出発。
担当教官は同志社・森川教官/中村教官/土田教官/川又教官、南山・磯谷教官、府大・樋出教官。
本日は教官たちまでが暖を取るほど寒い中での訓練となりました。
同志社JA2256の耐検もあり、キビキビとした行動が必要とされました。

R/W到着直後は雲も風もない穏やかな気候でしたが、日中は雲は広がり風も強くなってしまいました。
そのため何度も風待機となり、あまり発数の出た訓練とはならず、総発数29となりました。
内、府大は2回楠原1発、一回井土1発、熊本2発、七里1発でした。

明日は高気圧の影響で天候の落ち着いた穏やかな訓練となるようです。
飛べる日飛べない日とある合宿のため、時間を最大限に活用できるよう行動します。
それでは!

府大同志社南山合宿@木曽川 ~初日~

昨日に引き続き一回の井土です!
せっかくの訓練初日でしたが、朝からの雨で午前中は待機……
その代り南山の磯谷教官、同志社の土田教官の両名に学科していただきました。
今まで知らなかったこと、疑問に思っていたことにピタリとはまった学科でした。
ありがとうございました。

昼からは天気が落ち着いてきたので、R/Wに出ました。
学連JA2299の耐検フライトがあったので、一便だけでもと素早く動きました。

耐検フライトは問題なく済み、天候にも余裕があったので訓練開始しました。
本日の教官は、同志社の森川教官/土田教官、南山の磯谷教官、立命館の江口教官でした。
天候の余裕を見た訓練だったので全6発と非常に少ない発数で残念でした。

その少ない発数の1発に府大は私、井土は搭乗しました。
後席教官は江口教官でした。
柔らかい舵がつかえて良いと褒められましたが、自分の中ではまだ実感の湧かないフライトとなってしまいました。
いかにイメージし、考えてフライトするかが大切と教わりました。

明日は同志社JA2256の耐検を予定しています。
また機体係講習会もあります。
合宿所の人数が非常に多くなり忙しない日となりそうですが、個々人が目標を持ち、素早く行動を移せるよう意識していきます。
それでは!

府大同志社南山合宿@木曽川 ~集合日~

一回の井土です!
集合日の今日は府大に9時集合で木曽川に出発。
合宿参加メンバーは4回竹田、2回楠原、1回熊本、七里、井土。(敬称略)
竹田は同志社の牽引、七里は15日に合流予定。

13時前に集合し、14時ごろ引継ぎ。

今回、私はR/Wチェックをしました。
R/Wに障害物にないか丁寧に確認する、大切な作業です。
とても有意義でした。

午後の宿当もしました。
お風呂は48度でなく60度で沸かさないと冷めてしまうことが発覚しました。
そんなトラブルもありましたが、全体的にテキパキ動けたと思います。

明日は天候不良が予想されますが、天候に応じて適当な行動をとれるよう意識して取り組みます。
それではまた明日。
QRコード
QRコード
カウンター
リンク
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ