FC2ブログ

府大大工神大合宿@木曽川最終日

こんにちは、1回生の熊本です。
投稿が遅くなってしまい申し訳ありませんでした。

今日は天気は曇っていました。これから晴れていくようでしたが、雲の中に雨雲が混じっていそうな空でした。
フライト計画があまりうまく組み立てられず、一生懸命に他機を見ながら操縦席に座っていると梅本教官がなんとこんな飛び方してみようか?と提案してくださりとても嬉しかったのと勉強中だった課目の練習にもなるとわかり、一生懸命落ち着いて楽しみながらやってみようと決めました。

空をキーンと飛ぶ。そう飛んでるんだ。

自分でこんなにも13と一緒に空を自由に飛べるなんて、入部当初考えたこともありませんでした。
フライトを終えるごとに増えていく経験、感覚、視点、感情の変化がとても心をわくわくさせました。
訓練の方は3時ごろまでできました。
訓練が終わり、機体をバラして荷物を積み機体を宿舎近くの駐車場に上回生の方々と牽引して持って行って、係留して、ほっと一息ついた時の達成感が今までの数倍違って重くそして清々しかったです。

宿舎の外で集合したころには日が暮れて、空が晴れてきて、綺麗な星空がのぞき、オリオン座と冬の大三角形がキラキラと輝いていました。梅本教官、岸教官、佐々木教官とiPhoneの星座を教えてくれるアプリで空を見ているうちに、もう自分は2回生になるんだと思いました。

合宿でお世話になった教官の方々、上回生の皆様、同期の皆、お疲れ様でした。
次は1回生を連れてお会いできる日が来ることを切に願ってやみません。

府大大工神大合宿@木曽川6日目

こんにちは、1回生の熊本です。
投稿が遅くなってしまい、申し訳ありませんでした。

今日は朝から小雨が降っており、午後から天気が崩れるだろうと、ウェザブリでも予想していたため、
様子を見ながら訓練を開始し始めました。ASK13の299とASK21の557の2機を組みました。

訓練としては、地上では空を見て、上空では他の人がフライトしている時の無線を聞いて、
あの雲怪しいな~と思ったり、自分のフライトでも雨がちらついた時の上の雲を見てみたり・・。
13のネルがいるかな~とかいろいろと今まで以上に頭を使っている自分がいること気づきました。

急旋回の練習をしていると、風の音、Gのかかり具合、自分の舵がいつもよりもっと敏感に感じられていることに気づきました。どんどん自分が変わっていくことが不思議と冷静に分析できていました。

ただ、よく寝たはずなのに、少し眠気が襲ってきていました。午後宿で宿舎に帰り、お昼を食べるとますます眠気が襲ってきて、宿当の友達が心配して、寝させてくれました。すると1時間半くらい爆睡してしまいました。もし、そのままR/Wにいたらひっくり返っていたかな~と思います。

午後に雨がまた少し降ってきてしまい、13をバラして21だけで運航していたら、また索切れが起きたそうです。最終的に、4時頃まで訓練はできました。

今晩はめでたい会でした。独り立ちした人、課目アップした人、耐空検査を通した人、お迎えの時間を言い間違えてたくさんの上回生をあわてさせた人、初府大23の人と、10人以上の人がめでたい人でした。集まったお金で、めでたくない人にもケーキがあり、王将のぎょうざや唐揚げとあわせて豪華な会でした。
折角、熊ちゃんの顔のケーキを上回生の方が買ってきてくださったのに、教官部屋に空気を読めなかった方が連行していってしまい、うさちゃんのケーキしか残っていなかったのはショックでした。しかし、準備して頂いていたことだけで心が温まったのは一生忘れません。わかりやすい名字でよかったとも思いました。

次、自分が祝ってもらえるのは初ソロか機体係の認定なんだな~と思うだけで、やる気が起こりました。

明日は最後の訓練です。最後まで精一杯空を愛して終わろうと思います。

府大大工神大合宿 5日目

こんにちは一回の七里です。

5日目、私は朝宿でした。その頃条件は爆発したみたいで周回する人が多かったそうです。

午後は条件はあまりでませんでしたが長時間飛ぶことが出来たからか、課目アップする一回生が続出しました。

私個人のラジオ係ではマイクの修理ができるようになりました。

今日一日は非常に質の高い一日でした。

府大大工神大合宿 4日目

こんにちは一回の七里です。

合宿4日目ですが前日から絶えない索切れがまたこの日の一発目に起こってしまいました。
しかもほぼ離脱高度での索切れでしたのでゴム索やパラシュートがブッシュの中に入ってしまいました。

その後すぐに捜索隊が数人出ましたが見つかりませんでした。
午前の訓練が終わり昼休憩をとった後、ほぼ全員でブッシュの中に捜索しにいきました。

茨をかき分けて進み、ある地点で神大一回の永石が木に登って高いところから見渡したところ見つかったので一件落着しました。

その後はすぐに撤収し、帰りました。

色々疲れましたが索切れのとき落ちた索がどこに落ちていくかを見ておくことの大切さを学べました。

府大大工神大合宿@木曽川 3日目

こんにちわ、一回生の井土です。

新歓のため、昨日の24日が僕の合宿最終日。
ですが、ピス交やトラブルで訓練はテンポよく進まず。
総発数は50発代の不満が残る発数でした。

明日こそは索切れなどがトラブルがなく順調に合宿が進むことを願って府大に帰りました。

府大大工神大合宿@木曽川 2日目

こんにちは、1回生の熊本です。

今日は朝から風が2・3メートル吹いていました。時折弱まりましたが、
訓練基準ぎりぎりになる時が多々ありました。

昨日索点をしたのですが、今日2回も索切れが起き、1回はパラシュートとゴム策がセットで川側のブッシュの方に落ち、上空から木に引っ掛かっているのを確認した訓練生もいました。索がどうなっていたら危ないのかを把握している上回生が索点時に、詳しい説明をすべきだったのか、曳航不十分か・・・。自分がもっと上回生や教官に質問しなかったことを深く後悔しています。明日、時間があれば、聞いてみようと思います。

今日の滞空時間の最高記録は45分でした。たくさんの滞空機体が大空を舞う様子に、とても感動し、自分の力で滞空できるように頑張ろうと思います。

自分のフライトはⅠ発だけだったのですが、偏流をとって飛ぶことが何なのかがとてもわかりました。離脱も、自分でレリーズを引いて上手く外すことができました。着陸が、ダイブを全開にしたことで、たくさんのことを勉強することができました。

機体係養成として、嬉しかったのは、操縦系統わいつもより早く外すことができました。多分3分くらいでしょうか。組ばらしの練習をもっとしていこうと思います。

明日は穏やかな風が吹きますが、ピス交がありそうで、天気も曇っていきそうです。安定しているので、課目を組み立てて飛ぶ練習ができそうです。 

府大大工神大合宿 1日目

こんばんは1回生の七里です。

今合宿の府大参加者は1回の七里、井土、熊本、二回の楠原です。神大とは初合宿なのでどんな部員がいるのかなど楽しみにして参加しています。

今日は途中夕方で曇ったもののそれまで快晴で好条件のフライトができました。

いつも通り6時に起きた私たちは、いつも通りに6時半に出発しいつも通りに機体を組みました。
1発目は大工一回板倉、二発目は井土でした。

今日は午前中から気温が上がりピス交がありました。久しぶりのピス交ながらスムーズにいけたことは良かったと思います。

今日は熊本の初ウインチ助手、井土の三十分以上の滞空がありました。
私個人のフライトとしては岸教官に旋回に関しては問題ないと言われ、自分で地上でフライトプランを立て空で実行することが大切だと教わりました。

明日も晴れるという噂があるのでしっかりとⅠ発Ⅰ発大切にして学んでいきたいと思います。

3/21~28府大大工神大合宿@木曽川 集合日


こんにちは、1回生の熊本です。
今日は木曽川滑空場での府大・大工・神大合同合宿の集合日でした。

参加者は2回生の楠原さん、1回生の井土、七里、熊本。4回生の竹田さんです。
今回は自大学の工学部の入学手続きが、合宿中にあるため、新歓にむけて大学に途中で戻る部員がいたりと、
一段と部内の結束、他校の協力が重要になっています。
外人参加は南山、KG、関大、岐大の方が来られました。

明日のウェザブリを、初めてしました。
上回生の方に、必要な資料、天気の読み方、資料の使い方を聞きながら、
4回生の竹田さんにしえて頂いたことを必死に思い出しました。

明日は、一日中晴れ、風も弱く、大陸風の影響により、12時から15時にかけて、南風になり、
もしかするとピス交があるかもしれず、さらに逆転層が起こり、もしかするとサーマルの条件が出るかもしれません。ただ、湿度がそれほど高くないため、それほど高い高度では雲は発生せず、上がれても十分ではないようです。

逓減率を計算すると、だいたい1℃/100mであり、乾燥断熱厳率となっていました。しかし、あまりその情報を生かせなかったように思います。もっと勉強していこうと思いました。少なくとも1回生に天気図のある程度の見方、資料の意味を教えてあげれるようになりたいです。

明日から1年の総まとめの訓練が始まります。

3/16(土) 府大航空部OB・OG飲み会~大阪懇親会~

こんにちは、今年2回生になります、熊本成美です。

今回、平成1年卒業の浜田さんが幹事である
府大航空部OB・OG飲み会の大阪懇親会に学生として
招待していただきました。
学生は新3回生の楠原、新2回生の井土、熊本が参加させていただきました。

場所はJR大阪駅から徒歩5分の居酒屋「笑笑」西梅田駅前店(去年と同じだそうです。)
でした。現地集合なのだろうかと、学生3人がお店に行ってみると、浜田さんが玄関で待ってくださっていました。

OB・OGさんは浜田さん、浜田さんと同回生であられた松尾さん、奥野さん、奥野さんの奥様(大阪女子大学卒)、そして松村教官の5人の方々でした。

始終楽しい会話が続き、私たちの訓練の様子とOB・OGさん方の訓練の様子の違いや
当時の面白い出来事、他のOBさんで航空大学校の教官をされている方の話や、
松村教官の発ソロの話、これからのOB・OGさんとの情報交換についてなど、
個室の貸与時間いっぱいまで沢山お話をすることができました。

OB・OGさんと会話するうちに、府大航空部の独特の雰囲気がOB・OGさんから感じられ、
代々この特殊な部活が続いていくことの尊さと面白さが心の中に湧き上がってきました。
個人的にその雰囲気とは、何事もまず興味を持って真摯に向き合ってみて、
こんな場合はどうだろうかと考え、面白かったら笑い話に、大変なことだとわかったら、
全員で真剣に考えて、一生懸命最善を尽くそうと動けるちょっと変わった静かな雰囲気です。

浜田さんの現役部員をサポートしようという熱意に本当に感動しました。
他のOBさんからはよく入ってくれたね、けがをしないようにね、と温かい言葉をかけていただきました。
本当に招待していただきありがとうございました。

現在、府大の現役部員は新3回生の楠原、新2回生の井土、七里、熊本。
学生OBは竹田、西森、西井です。新入生を獲得するべく、頑張って
新歓、体験搭乗、ビラ配りなどにいそしみます。

これから情報をどんどん配信していこうと思います。
OB・OGの皆様、これからもよろしくお願いします。

全国大会 競技最終日

こんばんわ、一回の井土です!



京府Discusチームの選手二人にとっては、航空部人生で一つの区切りとなる今日でしたが、十分なフライトができずに終わってしまいました。

朝は穏やかな風の中で1発飛べたのですが、昨日の予想通り、前線の通過により風が非常に強くなりました。

発行順がひとつ前の青山学院があまりの風の強さでヒューズが切れてしまう程でした。

選手によると

「たしかに上昇気流はありそうだが、風が強すぎて前に進めない」

だそうです。

京府Discusチームが発航準備が完了した時、チームリーダーが集められ、風撤収、競技終了が告げられました。



個人優勝は東大・剱田選手、団体優勝は慶応Discusチームでした。

入賞選手、おめでとうございました。



クルーとして参加した全国大会でしたが、多くのことを学べました。

知識はもちろん、一パイロットとしての意識やフライト計画など普段、話せない・聞かない話をたくさん先輩とできました。

そしてやはり自大学のチームで戦うことに大きな喜び、満足があると思いました。

竹田さんは引退し、上回生は現2回生の楠原さんのみとなります。

今年ライセンスを僕ら一回生がとることは難しいですが、3回生次では必ず取ります。

そしてエースパイロットを楠原さん、2nd、3rdパイロットに僕たちの代がなって、府大23チームとして全国大会に出場します。

だからこそ、まずは次のフライトに切り替えです。

次合宿は3月末の府大・大工・外大・神大木曽川合宿となりますが、今回吸収したことを活かします。



それでは!

全国大会 競技7日目

こんばんわ!一回の井土です!

画像のアップがなく、文字だけのさびしい報告になってごめんなさい。



今日はここ数日で一番の競技日和となりました。

朝から西風が強く、正対風・背風も安定せず、何度か風待機がかかりました。

しかしその風がトリガーとなりだいぶ逆転層は解消され、条件が出てきました。

暖かく乾燥した日が続いたからか雲の出ないブルーサーマルでしたが、選手たちはそれを見逃さずに少しずつ、しかし確実に上昇し、周回しました。

京府Discusチームも京大・中西が周回達成しました。

搭乗前の中西さんの集中力は鬼気迫るものがありました。

スポーツドリンクを飲んで休憩しながら中西さんは言いました。

「機体の近くに行くとピリピリしてくるから気分転換だよ」

いままで競技としてのグライダーを感じたことがありませんでした。

だからこそ、その言葉にとても衝撃を受けました。

ここまで熱くなれるのか、と。

上手くは言えませんが、これまでの自分のフライトへの意識を考えさせられる言葉でした。

周回を達成し、降りてきた中西さんの晴れ晴れとした表情は忘れられません。

見ている自分もはつらつとする笑顔でした。

そういった表情になれるパイロットになります。



ついに明日は全国大会最終日です。

雨こそは降りませんが、寒冷前線の通過により風の強い一日となります。

ただその前線の通過によって風が変わります。

予報によると、お昼頃を境に、東より南風から北より西風に変わるようです。

風の変わり目では短時間ですが上昇気流が発生します。

風と風がぶつかり合い、気流が生まれるのです。

明日の発行順からすると12時ごろに2度目の発航となりそうなので、タイミングとしてはドンピシャとなりそうです。

チャンスをものにして、満足のいくフライトができるよう選手は全力で臨みます。

選手がいいコンディションで臨めるようクルーも考えて動きます。

有終の美を飾ります。



それでは!

全国大会 競技6日目

こんばんわ、一回の井土です!



昨日の予想と異なり、雲空で競技スタート。

海上の湿った空気が南風で流れ込んだからでしょうか。

その湿った空気は暖かい空気であったため、ここ数日張りっぱなしの逆転層は解消されず。

更に南風と北風が交互に吹き、風待機で競技もなかなか進みませんでした。

渋い条件でも比較的タイミングよく上がった機体は選手の実力を持って周回、という一日でした。

京府Discusチームは周回こそ達成できませんでしたが、内容はフライトのたびに良くなっています。

なかなか結果が出てきませんが、どうにかして上がろうとする選手たちの熱意と忍耐力は素晴らしく、改めて尊敬します。




全国大会は選手の航空部・パイロットしての集大成を披露する場でもあります。

そんな彼らをぜひぜひ応援に来てください。

日曜日は寒冷前線の通過により天気が崩れそうなため、明日が実質的な競技最終日となってしまいそうです。

そんな明日こそは条件の出る日になりそうです。

今晩中に北日本を通過する前線の影響で、冷たい空気が妻沼上空に流れ込めば逆転層は解消されます。

更に一日晴れマークで気温も十分に上がりそうです。

また今日みたいに海からの風ではなく北寄り西風です。ただ朝方は強めの風(5m/s)となる予報です。

競技は埼玉県の妻沼滑空場で10時30分~15時30分まで行われています。

JR高崎線熊谷駅から葛和田行バスにご乗車ください。

選手はみなさんからの応援を背に頑張っています。

ぜひぜひ直接、選手たちのフライトを見てください。

それでは!

全国大会 競技5日目

こんばんわ、一回の井土です!

そろそろ覚えていただけましたか?



高気圧の通過により、午前中は一面の雲空で選手たちもバッタDay覚悟で競技スタート。

予想通り各校とも上がりきれずに降りてくる始末。

ですが昼前に弱くとも風が吹き出すと、空が晴れだし、日射が出始めました。

それをきっかけとしたか、各校が周回達成しました。

京府Discusチームも果敢に挑んだものの残念ながら本日の結果には結びつきませんでした。



京大Discusのブレーキの調子が悪く、運営側から注意を受けました。

応急処置は施したものの油断はできません。

日頃の機体整備の大切さが身に染みてわかりました。



明日は北日本の前線通過や気圧の谷が接近により南風が強まる予想です。

また南風によって暖かい空気が流れ込むため、四月上旬から中旬並みの暖かさとなるそうです。

風があるため高層の暖かい空気層が解消され、かつ、湿域にかぶってなく、日射も出そうなので、昨日今日と比べると比較的条件が出るのかなと思います。

体も心も疲れがたまっている選手たちですが、大会も後半です。

競技は選手しかできませんが、その他雑務はすべてクルー。最善のコンディションで臨めるよう意識していきます。

それでは!

全国大会 競技4日目

こんばんわ、一回の井土です!

今日は春の陽気に包まれて、暑いと感じるほどの一日でしたね。



昨日の僕の予想通り、今日は高度が獲得しにくい一日でした。

選手たちによると高度500~600mまでは上がれるのですが、そこから上にいけないかったそうです。

おそらく逆転層が張り出し、しかもその逆転層を解消するトリガーもなかったことが推測されます。

たしか、一日もやがかかったような視界でした。

そんなコンディションであったため周回した機体は1機のみでありました。



明日も4月上旬春のお天気、予想最高気温は18℃です。

もしかしたら高層気温と地上気温の差が小さくなり、今日とは理由は異なりますが、条件の出にくい一日となるかもしれません。

明日こそは、とは願うものの選手の予想と期待は食い違ってしまいそうです。

厳しいコンディションの中でも、選手はもちろん、バックアップのクルーも集中力を途切らせないよう頑張ります!

それでは!

全国大会 競技3日目

こんばんわ、一回の井土です!



競技3日目は良く晴れた朝となりました。

ただ、昨晩からの雨や逆転層の影響で昼前まで条件が出てきませんでした。

ポツポツとしたサーマルはあったようですが、なかなか捕まえきれなかったそうです。

昼前に風が吹き始め、そのおかげで逆転層が解消されました。

すると慶応YSを筆頭に続々と各校、周回し始めました。

今大会、DiscusやLS機体がひしめく中で、東海6チームはKa-6を使用しています。

Ka-6はDiscusやLS機体と比べて大きな性能差があります。

しかしその性能差を感じさせない東海6チームの須藤選手。

本日は見事、デイリートップの1000点をマーク。

“グライダーの性能の差が戦力の決定的な差ではないことを教えてやる”ですね。

我が京府Discusチームも負けんと府大・竹田が見事周回クリアし、ポイント獲得しました。

なかなか機会が合わず、これが観るのは初めてとなった先輩のゴールは本当に嬉しかったですし、自分も大会に出てゴールを決めたいと強く感じました。




明日は日中は晴れていますが逓減率は高くはなさそうです。(Sunny Spot 渡良瀬遊水地から計算)

そのため今大会の中では条件の出にくい一日になると私は予想します。

コンディションのよくない中で選手たちがどのように飛ぶのか、しっかり勉強させてもらおうと思います。

それでは!

全国大会 競技2日目

こんばんわ、一回の井土です!

報告が隔日となって申し訳ありません。次回からはきっちりとします。



競技初日は上昇気流がよく出た、絶好の競技日となりました。

次々とポイントをゲットし20名がゴールすることができました。



競技2日目の今日は昨日の反動か、午前中は空一面に雲が張り、条件が出てきません。

選手たちの集中力も切れかかった頃、ようやく日射ができました。

さすがは全国選手、緩みかかった雰囲気が瞬時に張りつめ、次々と高度を獲得していきます。

そしてついに慶応がゴールを果たしました。

拳を突き上げる慶応、焦りはじめる他大学、会場の熱気はピークです。

我も我もと慶応に続きます。

私たち府京混合チームも京大・中西が見事ゴールを決めました。

最終的に、午後からの短い時間の中で14名ものゴール達成者が出ました。

繰り返しとなってしまいますが、流石です全国選手!



今、妻沼では雨が降っています。

明日はぬかるんだR/Wでの競技となりますが、好機を見逃さぬよう、高い集中力を持って挑みます。

それでは!

全国大会 練習日

こんばんは、一回の七里です。
今回はクルーとして参加させていただいています。

今日は朝から少し曇り空でしたが雨も降ることがなく、暖かくて過ごしやすい一日でした。
朝ランウェイに出て早速京大ディスカスの機体組みを行いましたその後19機のグライダーが
それぞれ二回のテストフライトを行いました。
順番待ちをしている間私は翼端をもったりセイムアップをしたりなど忙しかったです。

京大ディスカスのテストフライトの一回目は京大の中西さん、二回目は府立大の竹田さんが行いました

最後にRedFoxによる曲技のテストフライトがありました、鮮やかな演出で感動しました。

私は残り2日しか妻沼にいませんが頑張って働きたいと思います。
それではここまで読んでいただいてありがとうございました。
QRコード
QRコード
カウンター
リンク
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ